アトピーでも脇脱毛できますか?

アトピー性皮膚炎の人は強いかゆみを伴い、炎症を起こしてしまう皮膚炎ですが、これほど敏感な状態である人が脇脱毛ができるかどうかは不安に思う部分だと思います。

女性であればムダ毛が気になり、特に夏場になれば脇部分が露出されることもあるために、やむなく自己処理をしている人も多いでしょう。しかし、この自己処理が一番肌にダメージを与えている行為であります。

通常の健康な肌である人でさえも、自己処理を繰り返すことで皮膚の表面が荒れてしまい、ボコボコとした肌になってしまうほどです。
アトピー性皮膚炎の人が自己処理をしてしまうと、シェーバーなどで傷つけられた肌から出血し、炎症を起こす可能性はかなり高くなってしまいます。

この状態を避けるためにも、エステサロンやクリニックでの脇脱毛をお勧めします。

クリニックであれば医師が常駐していますし、エステサロンでも脱毛の専門家がしっかりと肌状態を把握してから施術を行います。

クリニックは費用が高額になってしまうことと、痛みがエステサロンよりも強いと言われていますが、医師が常駐していることで、何かトラブルが発生した際にも、迅速・的確な処置がされます。

どちらも無料カウンセリングがあるところが多数なので、始めからどちらかに決めてしまうのではなく、クリニックとエステサロンのどちらも無料カウンセリングを受けて、自分が安心して施術できるところを選択するようにしてください。

お互いの信頼関係を築くことができるかが、ストレスフリーに施術を進めるポイントです。

 

敏感肌でも脇脱毛は大丈夫?

脇脱毛はきつい薬品を使ったり、肌に刺激が強すぎたりして、敏感肌である自分には脇脱毛という処理の選択肢はないと思っている方、自己処理こそが一番の間違いであることに気付いて下さい。

敏感肌であるからこそ、自己処理は絶対にしてほしくない脱毛処理方法です。

敏感肌である人が自己処理を続けていくと、肌が炎症を起こし、それから肌がどんどん黒ずんでいくという症状に陥ってしまいます。
この状態を回避するために、安心・安全なエステサロンやクリニックでの脇脱毛をお勧めします。

施術前のカウンセリングの際に、敏感肌であることを詳しく伝えるようにしましょう。
施術時に使用するジェルなどの大半は、刺激のない肌に優しい成分のものです。
きちんと保湿ケアをして、脇脱毛に挑めば心配する必要はないでしょう。

しかし、繰り返す自己処理のために脇部分の色素沈着が進んでしまっている場合は、脱毛施術をする前に、まず肌の改善が必要となってきます。

エステサロンやクリニックの支持に従って、脇脱毛の計画を立て、進めていけば安心です。

敏感肌の人が、必要回数の脇脱毛の施術を終えた時に、今まで自己処理で荒れていた肌が、元のツルツルの脇に戻っていることを実感することができると思います。

それが本来の脇の状態です。

肌触りの良い脇を手に入れた後も、保湿ケアは怠ることなくしていきましょう。
敏感肌である体質には変わりないので、十分なケアが必要となります。

ツルツル肌の脇を手放さないために、何か気になることがあった場合は、施術したエステサロンやクリニックに相談するようにしましょう。

 

アトピーや敏感肌専門の脱毛手法もあります

アトピーや敏感肌専門の脱毛方法も現在では確立されています。

普通の脱毛サロンの光脱毛でも敏感肌やアトピーの方の症状次第で対応してくれます。
しかし、普通のサロンで対応してくれない症状を抱えているけど脇脱毛したい。

そういった女性の方には「ハイパースキン脱毛」という脱毛方法をおすすめします。
ハイパースキン脱毛は通常のサロンや美容外科クリニックで行われる脇脱毛とは全く違う手法になります。

サロンやクリニックでは光脱毛やレーザー脱毛を行いますが、基本的には熱により黒い毛根を焼くという手法です。

そのためお肌への負担が大きく敏感肌やアトピーの方だと肌に合わない恐れがあります。

その点、ハイパースキン脱毛は熱で毛を焼くわけではないので、お肌へダメージがありません。
お肌へダメージが無いので敏感肌やアトピーの方の脇脱毛に最適と言えます。

もし、アトピーや敏感肌で安全確実に脇脱毛をしたいならハイパースキン脱毛を検討してみてください。

ディオーネなど有名なサロンが全国にあります。

 

 

アトピーや敏感肌でも脇脱毛できるお薦めサロンはコチラ>>