脇脱毛でワキガになるって本当?

脇脱毛すると、ワキガになるという話があります。

ネットの口コミでそういう書き込みを見たことがある人も少なくないのではないでしょうか。しかし、実際は脇脱毛でワキガになるということはありません。むしろ脇脱毛するとワキガのニオイを軽減することがあるのだそうです。

ワキガのニオイの原因は汗腺の中でもアポクリン腺という汗腺から出る汗です。その汗とエクリン腺から出る通常の汗と混ざりあい、それが脇毛に付着し雑菌を繁殖させて強いニオイを放つのです。

脇脱毛をすると雑菌の繁殖を抑えられるので、ニオイを軽減させることになり、ワキガのニオイの軽減になるのだそうです。

フラッシュ脱毛は光を照射する脱毛法ですが、この光が汗腺に影響を与えてワキガになるのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、フラッシュ脱毛の光は毛の黒い色に反応する光なので汗腺に影響は与えません。ですから、脇脱毛でワキガになるということはないのです。

しかし中にはワキ脱毛してから臭うようになったという人もいます。でもこれはワキガになったわけではありません。ムダ毛がなくなり、汗がダイレクトに衣服に付くことで雑菌が繁殖することが原因のようです。

脇のニオイは汗に雑菌が繁殖することで発生します。汗はもともと無臭ですが、雑菌が繁殖してしまう事で臭うようになるのです。

脇毛があると雑菌が繁殖しやすいため、キレイに処理しておく事がニオイの軽減に繋がります。脇脱毛したのにニオイが気になるという人は、こまめに汗を拭く、化繊の服は避けるなどの対処をするのをおススメします。

脇脱毛と汗腺の関係

脇脱毛をした後、脇汗が増えたという人がいます。
ネットの口コミなどでも、脇脱毛すると脇汗が増える、脇のニオイが増すなどと、まことしやかに囁かれていますが、実際にそのようになる医学的根拠はないのだそうです。

脱毛サロンで行われる脱毛はフラッシュ脱毛と呼ばれるもので、毛穴に光を照射することから汗腺に影響を与えるのではと思われる方も多いと思いますが、フラッシュ脱毛の光は毛の黒い色に影響する光なので汗腺に影響は与えません。
多汗症やワキガの治療ではレーザーで汗腺を破壊する治療法がありますが、脇脱毛のフラッシュの光は汗腺に影響はないのです。

しかし、実際に脇汗が増えた、ニオイが気になる様になったという人は珍しくありません。
これは脇脱毛をしたから汗腺に何か影響があったというわけではなく、脇脱毛をしたことで汗がダイレクトに衣服に触れるために、汗シミができて汗が増えたと感じるのだそうです。
ニオイに関しては、衣服についた汗シミに雑菌が繁殖するために発生するのであり、決して脇脱毛がニオイの元になっているわけではありません。

脇汗が増えた、ニオイが気になる様になったという人の中には、冬場の汗やニオイが気になるという人が多くいます。
これは、冬場はマメに自己処理をしない事が多いのでこれまでは気にならなかった脇汗が、脱毛した事で衣服に直接触れることになって汗が気になるようになったのです。
ニオイが気になるようであれば、化学繊維の服を避ける事をおすすめします。

脇脱毛でアポクリン腺を破壊しても身体に支障はない?

現在主流の脱毛方法は、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛などの光を使った脱毛法です。
肌に光を照射していくことから、汗腺に影響を与えるのではないかと思っている人もいるかもしれません。
しかし、この光は毛の黒い色に反応するようになっているため、通常は汗腺に影響を与えることはありません。

ワキガの治療ではアポクリン腺という汗腺を取り除く処置が行われますが、最近では最新のレーザーマシンで脱毛と同時にアポクリン腺を破壊できるものがあるようです。
つまり、脇脱毛でアポクリン腺を破壊すると身体に支障がないどころか、気になる脇のニオイが減少するのです。
脇のニオイが気になる方は試してみてもいいかもしれません。

ただ、脇脱毛後に脇汗が増えた、ニオイが気になる様になったという人も中にはいます。
これは脇脱毛をしたから汗腺に影響が出た、アポクリン腺が破壊されたからニオイが増したというわけではありません。
通常のフラッシュ脱毛やレーザー脱毛では汗腺を破壊する力はないのです。

それでもこの様に訴える人は後を絶ちません。
これは脇脱毛をしてムダ毛がなくなったことで汗がダイレクトに衣服に触れるために汗の量が増えたと感じるのです。
また、ニオイは衣服についた汗に雑菌が繁殖するために発生するのです。
脇脱毛で体に何か支障が出たということではありません。

ニオイや汗が気になる人は、こまめに拭いたり化学繊維の服を避けるなど何か一工夫すると良いでしょう。